気になる。ウォーターサーバーの水って本当においしいの?

水の質は申し分なし!


ウォーターサーバーの水は何が使われているのか気になる部分ですが、そのほとんどは天然水が使われています。もちろん消毒剤などを使用していないので水道水のようにカルキ臭がすることはありません。水道水を安全に飲むには消毒せざるを得ないのでカルキ臭は致し方ないところです。
ウォーターサーバーではカルキ臭のない天然水が気軽に飲めるということで、水道水と区別することができます。もちろん各ウォーターサーバーの会社はどこの水が美味しいか調べ、成分を調査して水を入れていますので味は保障されます。お客様が飲んだ末に下痢を起こすなどの事故が起こってしまってはいけないので、水質管理などにも注意を払っており安全性も確保されています。


RO膜水に要注目です


ウォーターサーバーの中でも天然水ではなくRO膜水という水を使っているものがあります。この水は市販などでは入手が困難で、レア度の高い水です。具体的には、元の水は水道水や井戸水なのですがRO膜という特殊なフィルターを通すことであらゆる不純物を取り除いたものです。放射性物質さえも取り除いてしまうので安全性は非常に高いです。
一切の不純物がないということは、ピュアな水ということになり、口当たりもまろやかで美味しいです。一般的に外国の硬水のように含有成分が多くなればなるほどクセのある味になるので、含有成分が少ないほど飲みやすくなります。天然水でもRO膜水でも共通するのは水道水より美味しいという点で、ウォーターサーバーを使えば毎日その水を飲むことができます。

安心安全で、しかも美味しい宅配水が注目されています。重いボトルが自宅に宅配されるので、購入の手間が省けるのも魅力です。