どうすりゃいいの?ウォーターサーバーのお手入れ。

内部のメンテナンス法について


ウォーターサーバーをメンテナンスする場合は、まず内部メンテナンスがあります。一般的に内部メンテナンスは契約しているメーカーが行うのが特徴です。メーカーによって頻度や料金、メンテナンスする内容には違いがあるので覚えておきましょう。消耗品やパーツの交換、洗浄と滅菌処理を行うメーカーもあれば、2年に1度程度のペースでサーバー自体を交換することもあります。料金も有料と無料メーカーによって違いがあるので、公式サイトなどをチェックしておきましょう。
また、サーバーに内部を掃除する機能がついているメンテナンスの必要がないタイプもあります。現在はこのタイプが主流となっており、内部のメンテナンスは不要ということも多いです。


外部のメンテナンスについて


ウォーターサーバーの外部メンテナンスはサーバーの種類によって手入れの方法が変わってくるので、まずは説明書をしっかり読んでおきましょう。セルフメンテナンスをするのは任意ですが、雑菌が繁殖することが多い水回りは定期的に洗浄することをおすすめします。
ボトル周りを掃除する場合は、外気に触れる差込口を清掃するようにしましょう。キッチンペーパーで乾拭きをするだけでもよいですが、除菌用のスプレーを使うのがベストです。この他、水が出てくる蛇口にも注意しましょう。清潔な綿棒を使って内部まで汚れを取るとよいです。ホコリや水がたまりやすい受け皿も見逃すことが多いので、綺麗にしておくと安心です。衛生状態に気をつけて美味しい水を飲みましょう。

水道水を料理や飲み水に使うのに抵抗がある主婦にとって、水宅配はとても便利です。小さい子どもや料理の味にこだわる人など、利用している人はとても多く居ます。