ウォーターサーバーって環境にいいの?悪いの?

ウォーターサーバーの仕組み


ウォーターサーバーとは、天然水などの品質の高い水を供給してくれる機械のことで、中の水は専門の業者が定期的に配送してくれます。申し込みはインターネットから行うことができ、料金も手軽なものが増えているので、病院などの施設だけでなく、家庭でも導入されています。特に子供がいる家庭では、安全な水を簡単に使うことができるので人気が高いです。
ウォーターサーバーの機械は高価なものもあれば安いものもあり、それぞれ機能や大きさが違います。水の温度を変えることができるものもあるので必要な場合はよく見て選びましょう。業者がレンタルしているものもあるので、それを利用するのも賢い選択かもしれません。自分に合った方法でウォーターサーバーを導入してみてください。


ウォーターサーバーの環境への影響


ウォーターサーバーの水はトラックによって配送され、当然そのトラックは二酸化炭素を排出します。また、温水を出すウォーターサーバーは、常に電気を使います。これらの理由により、ウォーターサーバーは環境に悪いと思われがちです。しかし実際はそうでもありません。
トラックは二酸化炭素の排出を減らすよう工夫されており、サーバーも省エネに特化したものが増えています。また、ボトルもペットボトルのように捨てることなく、繰り返し使うことができるので、天然水をペットボトルで買うよりは環境に良いといえるでしょう。企業も環境への取り組みを実施していて、意識が高いことが言えます。
これらの利用により、ウォーターサーバーの環境への影響は小さいといえます。

ウォーターサーバーの電気代というのは、機種によって異なるため、事前に良く比較しながら選ぶことが重要です。